QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
まやや

2012年02月16日

目的

彼と付き合い始めてそろそろ1年が過ぎようとしていました。
最初は「何となく」から始まった恋愛でした。

友達という関係性から、流れるようにそのまま恋人になったような感覚でした。
だからといって、彼と恋人になったことを後悔したりはありませんでした。

彼と一緒に居ると心も穏やかに安定していましたし
話題が豊富な2人ではありませんでしたが、
`それなりのペース`
で上手く行っていました。

しかしふと疑問がわいてきました。
「彼と私の目的はなに?」
という事でした。

ただ側にいたいからという恋愛なのか。
たまたまお互いに恋人が居なかったから恋愛関係になったのか。
・・・そんなベーシックなことが分らなくなってしまったんです(汗)
彼は私の事を
「好き」とも「愛している」とも言いませんでした。
ただ
「一緒に居て楽しい」とは言ってくれていましたが、それならば
友達でもいいのではないか?
そう思いました。

それからは、彼との関係が少しずつ変わっていきました。
私は彼と側に居る事が「本当に心から望んでいるのか」と自問自答していました。
その事によって彼は私の様子が変わったと思ったようでした。
しかし
「どうしたの?」などと聞くことはなく、
ずっと見てみぬフリをしていました。

そして私が出した答えは
「1度振り出しに戻る」という事。

「恋愛してる気が全くしなかった」という私に謝る彼でしたが
「私こそ謝りたい」と話をしました。

何となくが「直感」や「運命的」なものならば
こんな風に悩まずに済んだのでしょう。  続きを読む

Posted by まやや at 10:50Comments(0)